濱田太貴ホントスカからの空振りにほっとした夜 | ヤクルトが好き

濱田太貴

2022年4月27日(水)
広島[2-8]ヤクルト(マツダ)

まさに横綱相撲だった。先制し追加点を取って先発投手が長いイニングを投げ切る。こんな試合運びもできるのか。今年、神宮球場でこんな試合を見たことあったっけな。いや、ない(反語)。となるのがお約束だけれども、調べないのはもやもやするから遡ってみた。

見事なまでにない。ほんとうにない。悲しくなるくらいにない。神宮球場では今年3勝(8敗)。その3つの勝利は3-2、2-1、1-0。すべて1点差ゲームだった。神宮球場より広く得点の期待がしにくい(はずの)バンテリンドームやマツダスタジアムで大味なゲームをし、神宮球場ではロースコアゲームが繰り広げられるのだろう。あべこべだ。

そういえば濱田太貴もあべこべだった。初球から豪快なスイングを見せ、追い込まれてからはコンパクトに切り替えることに定評のある濱田。ボールに当たれば彼方まで飛んでいき、空振りでもどよめきが起こる数少ない存在なのは周知の事実だ(事実だ)。

そんな濱田にこの日、唯一初球にストレートが投じられたのが4打席目だった。6回、7-0と大量リードで2死一塁。ここでバットを振らなかった。誰であろうとフルスイングが許されるシチュエーションで、お誂え向き(おあつらえむき)の打ちごろ(143キロ)のストレート。それを見送った。ストライクのコールが響く。

変化球を空振りではなく、ストレートを見逃してストライクカウントが1つ増えた。濱田くんホントスカ。いつも振ってるのに。なんで。そんな疑問が湧いてくる。

空振りなら空振りで、凡打なら凡打で仕方ない、割り切ったスイングが魅力の濱田が振らなかった。もちろん1球待てのサインだった可能性は否定できないし、単純に手が出なかっただけの可能性もある。一塁走者の山田哲人が走るのを待った可能性だってある(7点差のこの場面で盗塁が記録されるかはさておき)。

でも──。この日の濱田はサンタナの代わりとはいえ「5番打者」。どうしても1点を、という場面でもなければサインは出ないだろう。

もしかしたら心境の変化。「待つ」姿勢に変わったのだろうか。でもそんなことはなかった。次の打席では見送ればボールであろう初球のカーブを空振りした。

空振りだったけれども少し安心した。やっぱり濱田はこうでなくっちゃ。

試合結果:https://www.yakult-swallows.co.jp/game/result/2021005581
※ヤクルト公式HPより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。