なにもできなかった宮本丈 | ヤクルトが好き

KH宮本丈

2022年6月23日(木)
中日[0-10]ヤクルト(バンテリンドーム)

スコアだけを見れば大勝だった。いや内容を見ても大勝だったように思う。

打っては4番が先制打、キャプテンが中押し打、助っ人がダメ押し打、さらに4番がもうひと押し。投げては先発が完封勝利。なにもいうことはない。終盤は主力が下がり、控え組に実戦の機会が与えられ、中継ぎ陣は休養ができた。

他に何を望むというのか、というくらいの完勝だ。

それでも気持ちは晴れない。だって4試合ぶりに今週初めて出場した宮本丈はなにもできなかったのだから。10-0と試合の大勢が決まった8回裏、三塁の守備につくも打球処理は1度もなし。9回に回ってき打席では左の福敬登に対して3球三振。最後はくるっと回った。アウトコースにストレートとスライダーをきっちり投げ込まれなにもできなかった。

これじゃあ対左投手のときに使ってもらえないのも仕方ないか。そう思わざるを得ない。納得させられた。

野球界では「周囲を納得させて外す」といった場面がある。ベテランや主力、外国人選手たちにある一定の猶予を与え、それで結果が出なければ、スタメン落ちや二軍降格になる。

「結果が出ていないのだからなにもいえないよね? 」という無言の圧である。

実際には首脳陣との対話があったりするのかもしれない。スタメンから外すには本人の同意がないといけなかった選手も過去にはいた。公になっていないだけでそういう例は山ほどあるのだろう。外国人選手の場合は契約に含まれている場合もある。

8回の守備で出て、9回に中日は誰をマウンドに送り込むかわからない。左投手が出てきたのはたまたまなのかもしれない。それでも、ここで結果を出さないといけなかった。

少なくともサンタナの復帰で誰かが二軍に降格する。その時期がいつなのかはわからない。オールスター明けだろうか。

でもそんな悠長なことは言ってられない。残された時間は決して多くない。どんな場面でも出るからには結果を──

試合結果:https://www.yakult-swallows.co.jp/game/result/2021005850
※ヤクルト公式HPより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。