何気ない選手交代から見える本気度 | ヤクルトが好き

バンテリンドームナゴヤ

2022年9月21日(水)
中日[2-6]ヤクルト(バンテリンドーム)

先制されされたのだから快勝とは言えないけれども、ちゃんとした野球で勝てた。

広いバンテリンドームでも縮こまることのなかったサンタナのフルスイングからの逆方向弾で逆転。スタメン起用に応えたキブレハンが(ちょっとラッキーな)タイムリー2ベースで中押し。代打川端慎吾の(これもラッキーな)タイムリー内野安打でダメ押し。

先発の石川雅規は6回途中2失点で通算183勝目。石山泰稚の回跨ぎからの4点差ながら清水昇とマクガフへと繋いだ。

勝ち方もそうだけれども、この試合は優勝争いをしているのだなっていうことが采配からも感じ取れた。4点リードでの勝ちパターン継投というよりも野手の交代で。8回の清水昇は表の攻撃で2点差から4​点差に変わったこともあり想定内。

9回は最初から4点差だったけれども、中日は阿部寿樹、A.マルティネス、木下拓哉と右が続く。マクガフ以外の右腕だと木澤尚文か星知弥、あるいは高梨裕稔だけれども、木澤は前日に投げている。と、なればマクガフしか選択肢はない。あえて、久保拓眞や前日に投げている田口麗斗の左コンビを投げさせる必要もない。

それよりも8回の攻撃だ。先頭のオスナが塁に出て、サンタナも続いた。無死一、二塁。ここで代走を起用した。サンタナの交代は既定路線だけれども、二塁走者のオスナにも代走を送った。

残り2回の守備を多少犠牲にしてでも、2点差から3点差にするためにワンヒットで1点をとりにいく姿勢。今まではなかった。

何気ない選手交代なのだけれども、もう近づいてるんだな、とヒシヒシと伝わってくる。

20220921:GAME133[D2-6S]75勝55敗3分/M4/神宮33勝29敗/石川5.1回2失点&183勝目/石山回跨ぎ/4点差で勝ちパ/サンタナ逆方向弾/キブレハンタイムリー/宮本出番なし#swallows

試合結果:https://www.yakult-swallows.co.jp/game/result/2021011385
※ヤクルト公式HPより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。