2日前のボヤが尾を引いた大敗 | ヤクルトが好き

スコア20220818

2022年8月18日(木)
ヤクルト[2-10]阪神(神宮)

身も蓋もないけれどもこんなものだろうな、と。

前日までの継投策、スタメン、ベンチ入りメンバーから大方の予想はついていた。熱心なファンならなんとなく察していたのではないだろうか。

つくづくこのカードの初戦が悔やまれる。4点リードをBチームで危なげなく乗り切ることができず、ボヤが起きるなかで薄氷を踏む思いで勝利を手にした。これが尾を引いた。結果的に清水昇とマクガフが連投中。左のカードになりつつある久保拓眞までもが連投しておりベンチ外。ムチを入れるのにはまだ早い。

先発のサイスニードが7回を投げ、木澤尚文、梅野雄吾らで締める。あるいはマクガフの3連投。勝ち筋はこれだった。

が、そうは問屋が卸さない。

序盤にリードを奪われ追いすがるも中継ぎが打ち込まれ大敗。最後の最後は本拠地であるにも関わらず露骨な捨て試合。山田哲人、青木宣親、そして得点圏に走者を置いていたにもかかわらずサンタナにも代打を出した。

ファン(ぼく)はいつも思う。シーズンを乗り切るためには、こういう試合があるのも仕方がない。とはいえ夏休みに行われる本拠地での試合。それをここまで露骨に戦うとは…。やはり複雑である。

そうなってしまった伏線はやっぱり2日前に行われた初戦のボヤ騒ぎだった。前半戦のようにBチームが盤石であったなら、今日の展開も違うものとなっていただろう。久保はベンチ外かもしれないが、清水とマクガフは万全の体制。それならばゲームプランも変わっただろう。それができなかった。

コロナでの離脱の影響ももちろんあるのだろうけれども、中継ぎ陣に関してはそうじゃない。幻想にとらわれるとしんどくなりそうだ、そんな気がした。

20220818:GAME107[S2-10T]62勝44敗1分/M消滅/神宮29勝24敗/サイスニード5回4失点/今野1回投げきれず/オスナタイムリー/主力終盤で下がる采配/宮本代打で凡退 #swallows

試合結果:https://www.yakult-swallows.co.jp/game/result/2021006106
※ヤクルト公式HPより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。